HOME > トピックス

詳しいトピックス

■2017/03/16 【高等学校】フィンドレー大学研修2日目

今日から語学文化研修のプログラムが始まります。
今朝は自分たちで朝食を用意して宿舎で食べました。
午前中は、オリエンテーションをしたり大学の施設見学をしたりしました。
日本語科の学生さんからレストランでの注文の仕方をレクチャーしてもらった後、
ランチに出かけました。
メニューを見ながら一人ずつ自分の欲しいものを注文できました。
チップの文化についても学びました。

その後、大学のあるハンコック群の歴史博物館の見学に行きました。
街のアイスクリーム屋さんで休憩した後、宿舎に戻りました。
フィンドレーの町はどこまでも平坦で広々としています。
町と大学の施設が混在している落ち着いた町です。
大寒波で気温は一日中ほぼ氷点下ですが、雪は降っていません。
生徒たちは時差ぼけでしんどそうですが、
今日のプログラムは早めに切り上げてあるので、
宿舎でゆっくりしています。
プレゼンテーションの準備に取りかかっている生徒もいます。

■2017/03/16 【中学校】アメリカ研修旅行3日目(1)

朝食をホテルのレストランで済ませた後、
自由の女神観光へ行きました。
こちらの地下鉄は、どこで乗ってもどこで降りても同じ料金です。
そして、日本のようにエレベーターもエスカレーターもありません。
80年代は、ニューヨークの地下鉄は危険というイメージがありましたが、
全く心配ありませんでした。
 
地下鉄をサウスフェリーで降りて、フェリー乗り場へ。
晴れていますが、とても寒いです。
自由の女神は大迫力でした。
手が痛くなるほどの寒さでしたが、皆、寒さを忘れて写真をパシャり。
 
ランチは駅で済ませ、電車でニューアーク空港へ。
ニューヨークでお世話になったガイドの富沢さんとお別れ。
シャーロットへ向け出発します。

■2017/03/15 【高等学校】フィンドレー大学研修1日目(到着)

福山を出発して約20時間。
オハイオ州のフィンドレーに到着しました。
長旅に生徒たちもやや疲れ気味。
夕食はファーストフードのサンドイッチですませました。
メニューを選んで自分で注文するのも、研修の第一歩です。
明日からのプログラムに備えて早めに休みます。

■2017/03/15 【中学校】アメリカ研修旅行2日目(2)

夕食は、Applebee'sでチーズバーガー。
お腹一杯になりました。
今日は、あいにくの天気で、目的の観光は全くできませんでした。
ニューヨーク市長から非常事態宣言が出ており、
明日はマイナス6度の予報ですが、雪は降らないようです。
明日の午後にはノースキャロライナのシャーロットに向かいます。
今回の一番の目的であるホームステイ。
昨年11月に英数学館にいらっしゃったワデルランゲージアカデミーの皆さんとの再会です。
とても楽しみです。

■2017/03/15 【中学校】アメリカ研修旅行2日目(1)

本日はやはり雪が降りました。
この冬、福山はほとんど降らなかったので、
生徒たちは雪だるまを作ったりとちょっと嬉しそう。
サブウェイは一部動いています。
雪のコロンビア大学を見学し、M&M'Sでお買い物。
一旦ホテルに戻りましたが、
雪の中の移動に生徒たちは少し疲れを見せています。

■2017/03/14 【高等学校】フィンドレー大学研修1日目(出発)

14日から13日間の日程で、フィンドレー大学語学文化研修が行われます。
今年度は、10年生4名、11年生1名の合計5名が参加します。
初日の今日は、広島空港から羽田、成田と乗り継いで、
まもなくデトロイト行きの飛行機に搭乗します。
今まで習ってきた英語を実際に使ってみるよい機会です。
積極的に会話を楽しみ、アメリカの文化を学んできたいです。

■2017/03/14 【中学校】アメリカ研修旅行1日目(到着)

アメリカNYに無事に到着しました。
現地はとても寒く、明日は猛吹雪とのこと。
明日、パブリックはどこも閉鎖のため、
国連、MET、自由の女神など全てキャンセルです。
(自由の女神は、ガイドさんの計らいで明後日観に行くことになりました)
1日到着が遅れていたら、アメリカに来れていなかったというほどの天候。
近くのファーマシーで飲み物や食べ物を買い込み、
いざというときに備えます。

■2017/03/14 【メディア】 毎日新聞に記事が掲載されました(英検1級2名合格)

高校1年生の井上莉緒さん(グローバルスタディズクラス)と
柏木公平君(アドバンストクラス)の2名が、
実用英語技能検定(英検)の1級に合格したことについて、
本日、毎日新聞に記事が掲載されました。
 
『毎日新聞』平成29年3月14日付(24面「きらり備後」掲載)
「世界での活躍思い描く」

■2017/03/13 【中学校】アメリカ研修旅行1日目(出発)

先週卒業式を終えた中学3年生は、
今日から10日間、アメリカ研修へ行きます。
集合時間には、パスポートを忘れることなく全員が揃いました。

保護者の方、先生方、卒業生などたくさんの方に見送られ福山駅を出発。
広島空港を経由し成田空港へ無事到着しました。
成田空港では乗り継ぎ時間が短く急いで手続きを終え、
全員笑顔でアメリカに向けて出発しました。

行ってきます!

■2017/03/13 【小学校】卒業証書授与式

平成29311日(土)、好天の中、第18回卒業証書授与式が挙行されました。校長先生から卒業証書をいただいた15名は、「決意のことば」でこれからの夢や目標をみんなの前で自信をもって大きな声で述べることができました。また、在校生・卒業生ともに心のこもった歌を歌うことができ、心温まる卒業式になりました。

 

■2017/03/11 【中学校】第35回卒業証書授与式

暖かな日差しに恵まれた今日、義務教育課程修了の節目である
中学校の卒業式が挙行されました。
ほとんどの卒業生が英数学館高等学校へ進学するとはいえ、
お世話になった先生方や、共に学校生活を過ごした後輩たち、
そして、皆さんの成長を温かく見守って来られたご両親に見送られた
今日という日は特別なものでした。
勉強や部活動、様々な行事を通して、楽しいこと辛いこと、嬉しいこと悲しいこと、
この3年間色々な想いを仲間と分かち合ってきました。
これまで築き上げてきた絆や、培ってきた経験は、
きっとこれからの高校生活での糧となることでしょう。
式の最後には、ご両親、先生方、そして後輩たちへの贈り物として、
3年生全員で「つながる空」を合唱しました。
歌の合間には、この3年間担任をしてくださった先生方一人ひとりへ、
自分たちの言葉で感謝の気持ちを伝えました。
新たなスタートを切る皆さんを在校生、教職員全員が応援しています。
 
卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

■2017/03/10 【小学校】Explorers' Fair

 3月4日(土)小学校の学期末の行事として、エクスプローラーズフェアを体育館で開催しました。各学年がそれぞれのブースで自分達が調べまとめ理解したことを実験をしたりしながら、それぞれの方法でお父さん、お母さんに伝えました。

 

■2017/03/10 【小学校】お別れ遠足

3月7日(火)、お別れ遠足で春日池公園に行きました。公園では、5年生が企画したレクリエーションを、1年から6年のファミリーグループごとにわかれ楽しむ事が出来ました。頼りがいのある6年生がいなくなるのはさみしいですが、中学校に上がっても、頑張っていってほしいですね。

 

■2017/03/10 【メディア】 TBS 『NEWS23』 にIB有識者会議の様子が放送されました

加計理事長がメンバーを務める、文部科学省「国際バカロレア(IB)を中心としたグローバル人材育成を考える有識者会議」の初会合が、3月9日、同省で開かれ、同日夜にその様子がTBS「NEWS23」で全国に放送されました。

同会議において、加計理事長からはIB導入校としての取り組みについても発表。今後、IBの役割や推進方策などについて検討し、5月中には中間取りまとめを行う予定となっています。

TBS 『NEWS23』 番組HP http://www.tbs.co.jp/news23/

文部科学省HP 有識者会議第1回会合の開催についてhttp://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1382854.htm

■2017/03/08 【IB】 理事長が文部科学省IB有識者会議メンバーに就任

文部科学省の「国際バカロレアを中心としたグローバル人材育成を考える有識者会議」に加計理事長がメンバーとして就任いたしましたのでお知らせいたします。

この会議は、教育政策を俯瞰し、日本における国際バカロレア(IB)の役割を再構築するとともに、日本語-英語のデュアル・ランゲージIBディプロマ・プログラム(日本語DP)を始めとする現在の取組の意義と課題を整理し、関係施策との連携を含む必要な方策を検討することが目的です。

会議メンバー(文部科学省ホームページより)
 今泉 典彦     第一生命経済研究所副社長/経団連教育問題委員会企画部会委員
 荻野 勉      東京都立国際高等学校校長
 加計 役      学校法人加計学園副理事長/広島加計学園理事長
 佐藤 正光     東京学芸大学附属国際中等教育学校校長
 渋谷 真樹     奈良教育大学教育学部教授
 島田 康行     筑波大学アドミッションセンター長
 田原 誠      岡山大学副学長
 田村 壮児     高知県教育長
 坪谷ニュウエル郁子 東京インターナショナルスクール理事長
 長谷川 壽一    東京大学教授
 矢野 裕俊     武庫川女子大学文学部教授

(五十音順)

■2017/03/07 【メディア】 毎日新聞の取材がありました

高校1年生の井上莉緒さん(グローバルスタディズクラス)と柏木公平君(アドバンストクラス)の2名が、実用英語技能検定(英検)の1級に合格したことを受け、本日取材がありました。

■2017/03/07 【メディア】 中国新聞の取材がありました

高校1年生の井上莉緒さん(グローバルスタディズクラス)と柏木公平君(アドバンストクラス)の2名が、実用英語技能検定(英検)の1級に合格したことを受け、本日取材がありました。

■2017/03/07 【高校】 高校1年生2名が英検1級に合格しました

高校1年生の井上莉緒さん(グローバルスタディズクラス)と柏木公平君(アドバンストクラス)の2名が、実用英語技能検定(英検)の1級に合格しました。

英検1級は、大学上級程度のレベルを受験の推奨目安としており、合格するには高い英語力を必要とします。メリットは様々ありますが、例えば英検の資格で大学などの入試において、合格判定で優先されたり、内申点に加算されるなどの優遇措置があります。また大学等の在学中において、級に応じて英語科目の単位として認められます。(公益財団法人日本英語検定協会のHP参照 http://www.eiken.or.jp/eiken/)

今回合格した井上さんと柏木君は、英数学館中学校出身で、中学生の頃から英語に親しんできました。

井上さん「英語を話せる友人がうらやましく、自分も話せるようになりたいと思い英語を学び始めました。英検を受験するための勉強ではなく、日々の授業で外国人の先生と話したり、宿題をきちんとすることを心がけていました。また、中学校から続けてきた努力が実を結んだ結果だと思います。将来の夢は、海外の大学へ進学し、国連で働くことです。社会に積極的にかかわり、世界で活躍できる人になりたいと思います。」

柏木君「英語に関しては特別な勉強はしていません。幼いころから洋楽を聴いたりと、身近に英語がありました。英検のための勉強は、特に単語に重点を置き、登下校や休み時間などの隙間を見つけて単語帳を開いていました。中学生のころから外国人の先生と会話をしていたことも今回の結果につながったと思います。将来の夢は、今のところ具体的に決まっていませんが、英語に特化した大学へ進み、ユニセフと連携して難民のために何かできる仕事に就きたいと考えています。」

■2017/03/04 【中高】2017年度行事予定について

 2017年度の行事予定について、春休み、GW、夏休み、冬休みの予定をお知らせします。
なお、予定は行事等の関係で変更される場合がありますことをご了承ください。
http://www.eisu-ejs.ac.jp/pdf/2017_schedule.pdf


 

■2017/02/28 【高等学校】第32回 卒業証書授与式

やわらかい日差しが降り注ぐ今日、
第32回英数学館高等学校卒業証書授与式が挙行されました。
本日旅立つ生徒の中には、小学校、あるいは中学校から
英数学館で過ごしてきた生徒も多く、
3年間さらには6年間、12年間という年月を過ごしてきました。
楽しいこと、辛いこと、色々な時間を伴にした仲間の存在はとても大きく、
数多くの思い出は大きな財産です。
学業はもちろん、部活動や秋桜祭、課外活動や研修にも
一生懸命打ち込んできました。
そこで身に付けた知識や経験は、皆さんの糧となり、
これからの新しい未来できっと花開く事でしょう。

退場の際には、後輩が手作りした華やかなアーチをくぐり抜けました。
先生方をはじめ、後輩たち、そして、共に過ごした仲間たちとの別れは
名残惜しく寂しいですが、これからもそれぞれの新たな目標に向かって
活躍されることを期待しています。
 
卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

Thie Page Top